LINE@登録で無料プレゼント実施中!

LINE@登録で無料プレゼント実施中!

登録した方にもれなく

難病・逆境を乗り越えた人の秘訣

プレゼント!

もしがんと疑われたらどうしますか?

ea1b5cafc994456c551dbba21758eea1 - もしがんと疑われたらどうしますか?

【6/15(金)まで】 痛み、しびれ、脱力が気になる方へ

【6/15(金)まで】 痛み、しびれ、脱力が気になる方へ

痛み、しびれ、脱力のある方に好評の
あのセッションの体験会です
https://bit.ly/2xXqbSm

こんにちは。

 

難病患者のライフサポーター、浅川透です。

 

もしあなたの病気が難病でなかったら。

と考えたことはありますか?

 

どんなに心安らぐことでしょうか。

 

これは私の知っている方の話です。

 

これは5年以上前の話ですが。

 

 

ネットからのつながりで、

がん疑いの方の相談にのっていました。

 

その方は自分は完全にがんだと思い。

 

落ち込んでいました。

正直気持は良くわかります。

 

 

病気を告げられた前後で人が変わったかのように

元気が失われていました。

 

人との交流も避けて。

 

仕事もうまくいかなかったようでした。

 

そしてがん疑いとなってからしばらくたって。

 

 

結局、うたがいがあった腫瘍は良性のものだったと告げられたそうです。

そこからその方は今までとはうって変わって元気になりました。

 

それはそうです。病気ではなかったのですから。

 

仕事は当然「がん疑い」の前と同じようになり。

 

人付き合いも良くなりました。

 

ここでは私が学んだことは。

 

「重い病気かも」と言われただけで。

 

私達はまるで重病人になったかのように行動してしまうということ。

 

 

病気を宣告される前と後で、症状に変化がなかったとしてもです。

 

病気宣告のトラウマはコレほど大きいのです。

 

重い病気にはなっても、決してあなたが思い描くような「重病人」にはならないでください。

「難病だから…」と、やりたいことをあきらめる前に

難病のある方の悩みはこれで解消されます。
詳細はこちらをご確認ください。

https://ex-pa.jp/s/ZXM7ThXg

 

LINE@登録で無料プレゼント実施中!

LINE@登録で無料プレゼント実施中!

登録した方にもれなく

難病・逆境を乗り越えた人の秘訣

プレゼント!

コメントを残す