第14番染色体父親性ダイソミー症候群とは?

 

最近見た記事でこの病気が取り上げられていたので記事にすることにしました。

 

この病気は特徴的な顔貌と胸郭異常を呈し、出生直後から始まる呼吸障害、哺乳障害、発達の遅れ示す先天奇形症候群です。

 

遺伝性の病気なので、みなさんが急にこの病気になることはありません。

 

子を持つ親としては、乳児期から出るような病気があるというのは胸が痛くなりますね。

 

死亡率の高い病気ではありますが、救いとしては、新生児期から乳児期の呼吸障害や哺乳不良をのりきれは比較的順調な経過をたどることです。

 

発達の遅れはあるそうですが、幸せに生きてほしいと思っています。