症状からの開放とは?

 

症状からの開放とは、どんなものに効果があるか?

まずはこちらの動画を見ていただくとわかります。


 

慢性のシビレや痛みなど、体の感覚や脱力。

または身体が動かないような症状。

 

こんな症状から開放されるのは実は簡単にできます。

 

 

なぜ症状から開放される?

 

過去の私を含めて重い病気がある方は。

 

本来の病気の症状だけでなく

病気に対する思いこみで症状を重くしています。

 

動画を見た方は実感したと思いますが、

私達は意識の向け方を変えるだけで身体の状態が変わります。

 

 

「治らない病気」「辛い病気」と考えていると

症状をより重く感じてしまうのです。

 

 

この症状への意識を強制的に変えるのが

「症状の開放」です。

 

なぜこのやり方を作ったかというと。

 

あなたが少し意識を変えるだけで症状で嫌な思いをしなくてすむとわかってほしいから。

すべての人に希望を感じてもらいたい。

そんな想いからこのやりかたを紹介しています。

 

 

ただし、意識の向け方を変えるだけでは病気は軽くなっても完治まではいかないでしょう。

 

なぜなら病気になるにも理由があるから。

医学的な理由の他にも。

 

あなたの今の生き方にココロとカラダの不一致があるから病気になるケースもあります。

 

病気はその「不一致」を示すサインです。

もしその不一致を放っておいたらどうなるか?

 

病気になるよりもひどいことが起こったでしょう。

 

病気はあなたの生き方をより良くするためのサイン、道しるべでもあります。

 

とはいっても病気に悩んでいる時に病気を

「生き方をより良くするためのサイン」

とはとても思えないでしょう。

 

 

病気と向き合うことも嫌がる方もいらっしゃいます。

 

 

そんな事もあって、だれでも簡単に症状を減らせる

「症状からの開放」を紹介しています。

 

症状からの開放をもっとやってほしい方はこちら。

 

やり方を教えてほしい方はこちらから。