難病患者の教科書 公式HPでは今後、月一回を目安に難病患者のための就労説明会をインターネット上で開始します。

 

難病患者の多くは就職の時、そして実際に働く際に、支援が得られずに困っています。彼らが困っている原因の一つが、利用できる制度に対する情報不足です。

 

国立障害者リハビリテーションセンターの調査でも、難病患者の68.7%が就労系福祉サービスの事を知らなかったと回答しています。

 

このような情報不足を解消するために、浅川透は8月に横浜で開催された多発性筋炎・皮膚筋炎の患者会の交流会に参加して就労制度を説明し、好評を得ました。

 

そこでより多くの難病患者に情報を伝えるために、ウェブ上で説明会を開催することを決定しました。

 

第一回は9月18日午後5時から。

 

下のサイトで放送されます。
http://nanbyo-kyokasyo.com/live/