こんにちは。

難病患者のライフサポーター、浅川透です。

 

先日就職に関しての問い合わせがあったのですが、メールアドレスがまちがっているのか返信ができないので、ブログで回答を書くことにしました。

 

プライバシーの話もあるので、詳しい話は書けませんが、プライバシーが守れそうな範囲でに関係する部分だけ

 

(問い合わせ内容)

現在休職中です。
複視が治らないと職場の復帰はできませんがその為の治療に長期の期間が必要と言われております。

(難病もあるのですが)ある理由で眼球運動障害が起り、複視で治療中です。

現在、休職扱いで傷病手当てをいただいての生活ですが、今の症状でも仕事をしたいと考えネットを見ていたらこちらのページにヒットしました。

 

(回答)

回答としては、休職中で傷病手当をいただいている状態で仕事をするのは、ばれた時のリスクが高いという事はまずお伝えしておきます。

 

私も複視を患ったことがありますが、日常生活もPC作業も大変ですよね。

 

 

まず仕事をするにあたって、ご自分の病気、複視がある状態で何がどれくらいの時間できそうかを把握してから、仕事を選んでくださいね。

 

 

ところで、すでにお医者さんから進められいるかも知れませんが、複視用のメガネがあるのはご存知でしょうか?

(参考サイト:http://www.opt3t.com/fukusi.html

 

 

仕事をするのであれば、身体や目に負担のかからないPC作業や単純作業になるのでは、と予想していますが、

こういった自分の困った事を少しでも解消するようなグッズを見つけて利用することをお勧めします。

 

 

参考に私が複視になった時の事をお話します。

 

私が複視になったときは学生時代。

 

実験をしながら論文をまとめている時に複視になりました。

 

真正面以外を見るとものが二つに見える状況でした。

 

だから、自分の机を囲ってあまり周りが見えないようにして作業。

眼を動かさないでパソコン作業ができるように、もしくは眼帯をして片目で作業をしていました。

 

実験は、片目でもできる範囲の事をやって他は教授と相談して後回しもしくは他の学生に力を借りて作業しました。

 

正直大変でしたが、周りの人の協力と複視でも作業できるようにした工夫でいろいろできました。

 

ご自分にあったできることを見つけてくださいね。

 

 

質問を投げかけることができないので、おおざっぱな回答になりましたが、少しでも問い合わせた方の役に立てば幸いです。

 

私は難病者の就労は多く受けていて、
悩んでいる方の助けになる事ができます。
初めての問い合わせの場合は無料で相談に乗りますので、
お悩みの方は是非ご相談くださいね。

 

*問い合わせはこちら:https://goo.gl/JGDrM1

また、一人でいろいろ考えたいという方は、
難病患者向けの書籍や私が販売しているので
そちらも参考にしてくださいね。

難病患者の教科書:http://amzn.to/2x6O5Xy

難病患者の就労の5ステップ:https://goo.gl/DPX5b1