難病になって「どうすればこの病気が治るだろう?」と考えている方へ

 

指定難病に限らず、治りづらい病気になった方は一度はこう思うでしょう。

「どうすればこの病気は治るだろう?」

 

こんな相談を何度も受けているカウンセラーで、自身もクローン病という難病を患っている作家の神社昌弘さんが電子書籍を出しました。


・クローン病が教えてくれたこと (神社昌弘著) 

 

これはクローン病、潰瘍性大腸炎、IBDの方だけのための本ではないです。

 

これは神社さんの闘病経験からの知恵が詰まった本で、病気との向き合い方、付き合い方については、他の疾患の方にも参考になります。

 

神社さんは他に何冊も本を出していてどれも参考になりますが、難病のある方には特にこの本をお薦めします。

 

病気とどう付き合うか、これから先にどう生活すればいいか悩んでいる方はぜひこの本を読んでください。

 

病気になってもいわゆる「病人」にならずに活動できるでしょう。

 

・クローン病が教えてくれたこと (神社昌弘著) 


クローン病、病気に限らず、生きづらさを抱えている人たちに読んでもらいたい本です。