こんにちは。難病患者のライフサポーター、浅川です。

 

先日、難病患者就職サポーターさんが開催する就職準備講座に参加しました。

 

難病患者就職サポーターとは、現在各都道府県に一名以上いて、難病患者の相談を受けて就職提案や就職活動をサポートする機関を紹介する方です。

私も難病患者の就労をサポートしている立場ですが、制度関係や現在の会社の動き等を把握するためにお話しを聞きに行きました。

 

 

難病に対する偏見がないわけではないですが、きちんと理解すれば会社側も難病当事者を雇う時代になってきました。

 

そうはいっても、まだまだ難病当事者も難病に対する誤解もあるし、どうやって就労を進めていいか分からない方も多いです。

 

そこで、私は患者会に行って、「就職がもっと楽に決まる、仕事がもっと楽になる!難病当事者のための就労制度説明」を提案しています。

 

どんな時にどんな制度が利用できて、誰に相談すればよいか。

 

難病患者就職サポーターさんも把握してはいるのですが、まだまだ患者会、患者さんには伝えきれていないようです。

(こちらの地域では、今は会社側や協力機関への説明に力を入れているそうで、患者さんへの説明まで手が回らないようです)

 

 

難病患者の就労サポートをして、調査もしている私なら誤解のない形で難病患者の就労を話せるので、活動を始めています。

 

既に8月上旬に多発性筋炎、皮膚炎の患者会でお話しして好評をいただきました。

 

興味のある患者さんや患者会がありましたら、ご連絡くださいね。