こんにちは、浅川透です。

 

先日から難病となったばかりの時、難病への不安に対処するための記事を書き始めました。

 

これを書き始めたのには理由があります。

 

この「難病に対する不安」。

あなたの人生の可能性を狭めてしまう可能性があるからです。

 

 

「難病患者は働けない」

 
こんな思いこみを持っている方がいました。

その人は医師から難病を宣告された時に、「難病だと働けない」という思い込みのせいで会社を自主退職してしまったそうです。

 

 
本当は働けるにもかかわらず、自分で「働けない」と決めつけてしまい、働くことを諦めてしまいました。
この例は極端な事例でもありますが、難病がある方のほとんどが「難病」を理由に何かを手放しています。

 

 

実際には難病を患っていても働いている方はたくさんいます。

 

 

難病に対する誤ったイメージを持っていただけで、将来の選択肢を狭めてしまうのはもったいないですよね。

 

難病がある方の将来を守るためにも、「難病に対する不安」の記事は定期的にアップしていきますね。