こんにちは、浅川透です。

 

あなたはご自分の病気にたいしてどんな不安を感じていますか?

 

とくに難病と言われたばかりでどうしていいか分からない方のためのヒントをご紹介します。

 

 

それは、あなたが不安を感じていることを小分けにすることです。

 

「難病だから」という枠組みで考えていたら不安は解消できません。

 

 

というのも難病には「治らない」という前提があるからです。

 

たとえば難病で、「就職ができるか分からない」、「日常生活が送れるか分からない」、ということでしたら「就職」「日常生活」について考えましょう。

 

難病とは分けて考えることで、少しは対処しやすくなります。

 

そして、

「就職するには何が必要か?」

「今の状態で日常生活をより良くするにはどうしたらよいだろう?」

等と、可能性の部分に目を向けることで不安は解消しやすくなります。