こんにちは、浅川透です。

 

あなたはこれまでどれくらい難病患者にあった事があるでしょうか?

恐らくほとんどの方が難病患者にあった事もないでしょう。いたとしても数えるほどではないでしょうか。

 

そして難病という言葉を聞いて、何をイメージするでしょうか?

・治らない  ・希望が持てない ・死ぬかもしれない

 

難病患者とほとんどあった事がないけれども、なぜかこのようなイメージを持っているでしょう。

 

なぜ知りもしない難病に対してこのようなイメージを持つのでしょうか?

 

メディアの影響などもあると思いますが、その他に難病患者に出会った経験がないことも理由になります。

 

 

確かに難病が原因で寝たきりになった方もいるし、仕事をやめることになった方もいます。

 

しかし、難病を持っていても元気に働いている方もいます。

 

 

一口に難病と言っても数多くの病気がありますし、同じ病気でも病気の進行は人それぞれですから当然と言えば当然です。

 

もしあなたが難病を抱えているのであれば、まずはご自分の病気を知る事から始めてみませんか?

 

 

ちなみに、インターネットで書かれている病気に対する一般的な情報。

 

病気の一般情報は、必ずしもあなたに全て当てはまるわけではないので、安心してください。

 

まずは知る事からはじめましょう。

 

小さな不安を減らしていけば、「難病」というよく分からないものに対する不安も今までよりも少しずつ小さくできます。