こんにちは、浅川透です。

 

難病になった人はどんな理由で難病になるのでしょうか?

 

強い人は難病にならないのでしょうか?

 

身体の強い格闘家でも、メンタルの強い講演家でも、健康の専門家でも難病になる方はいます。

 

というのも、世の中に何百種類もある難病の多くは「原因不明」なのですから。

 

もちろん遺伝的な理由がある方もいらっしゃいますが。。。

 

 

難病となった方の中には、

「なぜ私が難病になったのだろうか。。。」

「自分が何か悪いことをしたから、病気になったのではないだろうか。。。」

 

落ち込み

 

と考える方もいらっしゃいますが、それは誰にもわかりません。

なぜなら病気になる原因が判明していないのですから。

 

最近は大腸菌が影響するとか、ストレスが影響するとか様々な話が出ていますが、多くのものは仮説です。

 

だれでもいわゆる難病になる可能性はあります。

 

 

どこかで拾い食いして食中毒になったら、それはその人の責任が大きいでしょう。

 

しかし、難病になるのは(良い意味ではありませんが)宝くじで当たるようなもの。

 

 

偶然に偶然が重なっているだけです。

ですから、自分を責めすぎないようにしてくださいね。

 

但し、病気が分かってからあなたがどうするか、将来どんな生活をしようと活動するかはあなたに責任があります。

 

せっかく自分を見つめ直すきっかけができたのですから、自分の望む生活が本当はどんなものだったか、考えてみても良いでしょうね。