病院関係、医療系でどうしていいか分からない、どこに相談していいか分からないという事もあるでしょう。特にその悩み事が家の中での事だったらなおさらでしょう。そんな時にご紹介したいサービスがあります。

 

 それは訪問看護です。

 

訪問看護と言われても良くわからないという方もいるでしょうが、訪問看護はご自宅で医療的なサポートや療養上のサポートを受けられるサービスです。

 

 この訪問看護サービス、利用には医師の指示書が必要になりますが、医師の中でもこのサービスを知らない方がいるそうなので、自分から医師もしくは訪問看護ステーションに相談した方がいいでしょう。

 市区町村の健康福祉局かインターネット検索でお近くの訪問看護ステーションを確認できます。

 ちなみに訪問看護は指定難病受給者証適用となっています。訪問看護サービスの内容を次の表にまとめました。

 

 

【療養上のお世話】
(身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排せつの介助、指導)
・病状の観察
病気や障がいの状態、血圧、体温、脈拍等のチェック
・ターミナルケア
ガン末期や終末期等でも、自宅で過ごせるような適切なお手伝い
・在宅でのリハビリテーション
拘縮予防や機能の回復、嚥下機能訓練など
・ご家族等への介護支援、相談
ご家族等への指導ほか、様々な相談対応

 

【医師の指示による医療処置】
(かかりつけ医の指示に基づく医療措置)
・医療機器の管理
在宅酸素、人工呼吸器などの管理
・床ずれ予防、処置
床ずれ防止の工夫や指導、床ずれの手当て
・認知症ケア
事故防止など、認知症介護の相談・工夫をアドバイス
・介護予防
低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイス(廃用予防)

 

出典:全国訪問看護事業協会HPより

 

 仕事をしている方の中にも訪問看護サービスを利用している方がいます。訪問看護は決して寝たきりの人だけが利用するものではなく、働ける人が自分の生活の負荷を下げるために利用する場合もあるのです。

自分でやりづらいことを人にお願いして、自分の仕事とやりたい事に注力出来たらいいですよね。