こんにちは、浅川透です。

 

就労関係の話が続きますが、ところで難病持ちの方はどのようにして働けばよいと思いますか?

 

以前は病気の治療をして、福祉、教育、労働と段階を踏んで支援するような考え方がありました。

 

しかし病気が治らないことが前提の難病持ちの方には効果的ではありませんね。医療支援の段階でずっと足踏みしてしまいます。

 

 

病気の症状を抑えるように通院しながら働く、健康を維持しながら働くという事が大切です。

 

仕事は仕事だけで考えてはいけません。

 

 

医療や福祉の事を考えながら病気の症状を進行させずに健康をなるべく維持しながら働くことが大切です。

 

この考え方はあなただけでなく会社側にも大きなメリットがあります。

 

雇った会社としても長期的に働いてもらう方が良いのです。新しい人を雇って教育するのに時間も手間もお金もかかりますから。

 

 

ですから就労については、医療・福祉の話も並行して考えながら進めてくださいね。