ところで補装具を購入する際に、地方自治体から補助金が支給されることはご存知でしょうか? 

 

補装具を必要とする障がい者、難病患者等(政令に定める疾病のみ)が対象となります。

 

補助金支給対象になる補装具は決められておりまして、2015年1月現在では対象となる補装具のおおまかな分類は以下のようになっています。

 

・手足が不自由な方

            義手、義足、装具、座位保持装置、車いす、電動車いす、歩行器、

歩行補助杖

 

・目が不自由な方

 盲人用安全杖、義眼、矯正眼鏡、弱視眼鏡、遮光眼鏡、コンタクト

 

・耳が不自由な方

 補聴器

 

・その他

 重度障害者用意思伝達装置

 

(出典:厚労省HP

 http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/yogu/gaiyo.html )

 

そして補装具だけでなく、日常生活用具給付等事業もあります。

 

日常生活の不便を解消するための道具はたくさんあります。ここでは内容を記載しませんが、一般の方が知っている以上のものがあります。

 

そして彼らはいろいろな事例を見ているので、あなたの状態を改善するための道具を把握しているでしょう。相談口の一つとして意識しておいてくださいね。

 

購入する前に一度、市区町村の福祉担当の窓口に相談しに行ってくださいね。