病気の負担を減らすには

ここでは病気の負担を減らすために何ができるか、ご紹介します。

新着情報はブログでアップしていきますが、重要そうな内容の物はこちらでブログのリンクを貼らせていただきますね。

◆薬を変えて病気の負担を減らす(未承認薬や先進医療の導入)

(注意)既存の薬でもあなたに効果のある薬はあるかもしれません。今の薬が合わないようでしたら、担当医に相談するのがまず最初。

    次にセカンドオピニオン。先進医療や未承認薬は危険性が高いものもあるので、医師としっかり相談して先進医療・未承認薬の利用が必要となったらつかうという流れにしたほうがよいでしょう。

 

・先進医療・未承認薬とは?:今までの薬・医療とは異なる結果がえられるかも知れませんが、リスクもあります。

 

・先進医療・未承認薬の探し方:厚労省のサイトに掲載されてあったのでそちらを掲載しました。

(自分で調べる方法もあります)

 

・先進医療・未承認薬をどう使う?:患者申出療養の制度がありまして、かかりつけの医師に「○○の薬を使いたいと言えば、関係病院と相談して利用できるか確認してくれます。

*先進医療・未承認薬の利用は保険外で高額なのでそこにも注意が必要です。

 

 

 

◆お医者さんと相談して、病気の負担を減らす

 

お医者さんから有益な情報を引き出して、お医者さんに自分の状況をより理解してもらって治療に役立たせるという方法もあります。

 

お医者さんとの相談がうまくいかない、なかなか相談できないという方。

 

書籍「難病患者の教科書」の内容と購入特典でお医者さんとの相談方法、

病気の解釈の仕方等を紹介しています。

(一例として過去のブログ記事を紹介します:病気を誤解しないコツ

 

この相談方法が分かれば、お医者さんと相談しやすくなりますし、

自分の望む結果に繋がる治療を受ける事ができます。

 

お医者さんとうまく相談して、病気の悩みを減らしたい方は

書籍「難病患者の教科書」をご確認ください。

書籍「難病患者の教科書」とは?