お金の悩みを解消するには

お金の悩みを解消するには

 

ここでは助成金や医療助成、保険関係など、難病患者に関係するお金の負担を減らす話。身体・体力的なハンデはあっても稼げる方法をご紹介します。

 

新着情報はブログでアップしていきますが、重要そうな内容はこちらでブログのリンクを貼っていきます。

【国・自治体関係の制度・サービスを利用してお金の悩みを解消

【民間の商品・サービスを利用して出費を減らす、大きな出費に備える】

【収入を増やしてお金の悩みを減らす】

 

【国・自治体関係の制度・サービスを利用してお金の悩みを解消】

・指定難病の患者が医療費を減らすもっとも簡単な方法(指定難病医療受給者証)

→指定難病医療受給者証があれば、医療費の月額上限が決まります。

 収入によって月額上限は変わりますが、受給者証の利用で医療費が10分の1程度になることもざらです。

 指定難病の病気にかかっている方は必ず、受給者証の取得を検討してください。

 

定期的に自治体からお金をもらうには(難病見舞金)

→地域によりますが、定期的にもらえるお金があります。それが難病見舞金です。

 どのようにすれば、申請できるのか?自分の地域に難病見舞金があるか確認する方法をご紹介します。

 

労働に著しい制限のある方はこれで収入を増やせます(障害年金)

→障害年金の3級の認定基準の一部を抜粋すると、「労働に著しい制限が必要」という状態であれば基準を満たすという文言があります。ちなみに、ここでいう「労働に著しい制限が必要」というのは、補助具や人工関節、人口透析をしない、何の補助もない状態のときに制限が出るかどうかという考え方です

労働に著しい制限があるかたは、もしかしたら、障害年金を受給できるかもしれません。

 場合によっては医師との関係性を崩すような社労士もいるそうなので、障害年金の請求代理を社労士にお願いする場合は信頼できる社労士さんを選んでください。

 

【民間の商品・サービスを利用して出費を減らす、大きな出費に備える】

 

万一の時の医療費や生活費を確保したい方(生命保険、医療保険)

→難病持ちの方でも病気、その人の症状によっては入れる保険もあります。

 しかも年々、そういった保険が増えています。

 生命保険、医療保険に入りたい方は、諦める前に一度、上のリンクを見てくださいね。

 

・年6万円は安くなる、携帯電話の割引サービス(難病割引は割高です) 

⇒最近だと格安スマホに乗り換えた方が年6万円は安くなります。

自分が格安スマホに乗り換えた時の話を含めて書きました。

 

その他、利用できる割引サービス

→携帯電話の割引を始め、全国でさまざまな割引があるそうです。

 

【収入を増やしてお金の悩みを減らす】

難病の苦労を減らしながらお金を得る方法(市場調査)

→難病持ちの方をサポートし得る製品や薬の開発・改善にもお客様の声が必要です。

 幾つかの患者会と協力して難病患者の意見を集めた経験もある会社をご紹介します。

 

ここではリンクも交えて利用できる割引や難病患者でもできる保険の加入など紹介しました。

その他、お金に関係する事例や会社からの取材内容は、書籍「難病患者の教科書」に記載されています。

 

書籍の注文はAmazonでできるので、気になる方はぜひご注文くださいね。

書籍の注文はこちら